Pontely(ポンテリー)ペットの遺伝子検査アニコムで将来の病気がわかる【口コミ・体験談】

URLをコピーする
URLをコピーしました!


北原しゅふ

愛猫は、大好きな家族
こんにちは、北原しゅふです。




ペットの将来なりやすい病気が遺伝子検査で事前にわかるPontely。

遺伝子検査っていうと特別な検査や採決が必要なのかなと思ったら、

頬の内側を数回程度大きな綿棒でなでるだけ。

しかも、自宅に郵送された検査キット(大きな綿棒のようなもの)を使って、ポストから返送するだけで、将来なるかもしれない病気がわかるんです。


にゃんこ

そんなに簡単なら私も検査してもらおうかしら




うちには2匹の夫婦猫がいます。種類はスコティッシュフォールドです。

スコティッシュフォールドは、色々な病気になりやすい猫種です。

純血種の種類によって、なりやすい病気は変わってきます。

もちろん、犬も同じです。

病気を知ることで、ピンポイントで情報を集めることができたり、獣医さんに相談するなどして事前に予防することもできると思いました。

  • 純血種である
  • 将来なりやすい病気を知りたい
  • なりやすい病気を事前に知り、今後の対策や予防を早めに考えておきたい


こんな人にPontelyの遺伝子検査はおすすめです。

海外では検診と同じくらい遺伝子検査が広がっているんです。

愛猫2匹の遺伝子検査を受けたいと思い、検査ができる機関を色々調べました。

犬・猫の遺伝子検査は、Pontelyの他にも、Orivet、Veqtaなどがあるのですが、うちはPontelyを選びました。

結果、Pontelyにして大正解でした。

Pontelyを選んだポイントはココ
  • プランがシンプルでわかりやすい
  • 金額が最安値水準(1項目税込5,500円)
  • 検査項目の数が選べる
  • 1度の採取で項目の追加申し込みが簡単にできる
  • WEB(スマホなど)で検査結果がいつでも確認できる
  • 遺伝子解析は、アニコム先進医療研究所に委託している

詳しく解説していきます。


ねこちゃんはこちら



\簡単な検査で将来なりやすい病気がわかる/

わんちゃんはこちら

目次

Pontelyの仕組み・検査の流れ

プランがシンプルでわかりやすい料金体系|操作も簡単

まず、下記のホームページをクリックします。

STEP
飼っている猫種を検索する

飼っているねこちゃんはどんな病気になりやすいのか見てみます
わかりやすい料金表
STEP
猫種によって検査する項目の数が違う


病気の項目をクリックすると詳しい病状が見られます
スコティッシュフォールドの場合
アメリカンショートヘアの場合

猫種によって将来なりやすい病気は違います。

Pontelyは、猫種の入力をするだけで、獣医さんが推薦する疾患の検査ができます。

スコティッシュフォールドは全部で項目が3種類あるので、選んだ項目数で金額が変わってきます。

アメリカンショートヘアは今のところ1項目しかないので、金額は5,500円(税込み)になります。

申し込みの流れ

申し込みの流れを説明していきます。とても簡単です。

STEP
申し込みをクリックします
STEP
猫種を検索すると下記の画面が出てきます

ペット名と受けたい検査にチェックをします

3項目チェックしたので15,400円(税込み)の金額が出ました

STEP
検査結果のオプションを選ぶ

検査結果はWEB(スマホなど)で見られる他、オプションで検査結果証を送ってもらえます。3タイプから選べますので、選択してください

STEP
カートを確認します

やっぱりプランを追加したいという場合は、「プランを追加する」を押すと前のページに戻れます

STEP
購入手続きに進む

決算方法を選んでください

次に進めると、名前や住所などを入れる項目が出てきますので入力して確認してから完了になります

自宅に検査キットが送られてくる

検査キットはお住まいの場所にもよると思いますが、3日くらいで届きます。

封筒の中に、返信用封筒と頬の内側の粘膜を採取する大きな綿棒のような検査キットが入っています。

https://twitter.com/catlife_marimo/status/1162044102566797313?s=20


キットの使いかた

うちの子の写真は撮れなかったのですが、Twitterにわかりやすいものがありました。

うちは女の子はすんなりできました。むしろもっとやってとせがまれましたがw

男の子は手こずりましたw

採取したらすぐに返送してください。

うちは次の日に返送したので、その間は冷蔵庫で保管していました。

検査項目を追加したかったら

新たな項目が追加される場合もあります。

「やっぱり追加検査をお願いしたいなぁ。」という場合も、個々のデータが保管されているので、もう一度採取をする必要はありません。

簡単に追加申し込みができます。

WEBで簡単に確認できる

検査結果が出るまでの期間は約2週間です。

WEB(スマホなど)で、いつでも検査結果を確認することが可能です。

スマホがあればすぐ手元で見られるのでいいですよね。

結果は3段階にわかれます。

  • クリア(標準)
  • キャリア(ややなりやすい)
  • アフェクテッド(なりやすい)

うちの女の子の方は、全ての項目がクリア(標準)で問題ありませんでしたが、

男の子の方は遺伝性骨軟骨異形成症の項目で、キャリア(ややなりやすい傾向)が出ました。

男の子の方は、耳が折れている典型的なスコティッシュフォールドなので覚悟はしていました。

アフェクテッド(なりやすい)ではなくキャリア(ややなりやすい)でしたが、今後も病気の症状が出ていないか、常にチェックしていこうと思います。

事前に知ることができて本当によかったです。

以下がスマホで見たうちの男の子の検査結果です。

よかったら、参考にしてみてださいね。

概要と予防対策がわかります

ペットのことをさらに知ることができるのがPontely

ペットは大切な家族の一員です。

人間は何かあれば喋ることができますが、ペットは痛いところがあっても喋ることはできません。

遺伝的に完治は難しい病気だったとしても、早めに対応し、痛みを和らげたり対策や予防をすることができます。

私は、Pontelyで結果を知った時、最初は少しへこみました。

でも、なりやすい病気を事前に知っていることで、大好きな愛猫の病気に早く気づき、寄り添うことができると思いました。

病気と向き合っていく覚悟ができたので、

検査をしてよかったです。

Pontelyを上手く活用して、ペットとの末長い未来を創っていきましょう。

ペットは喋れないからDNAに聴きましょう



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる