小学校入学準備はいつから?必要なもを先輩ママが教えます!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
北原しゅふ

小1になるといきなりお姉さんお兄さんになった感じがしました。

こんにちは、北原しゅふです。


にゃんこ

ワクワク、ドキドキの入学準備がんばってにゃ♡



子どもの成長は早いものですね。小学校入学は本当に感慨深いものがあります。

幼稚園・保育園から小学校へ。

なんだか我が子も大きくなったなぁ。

小学校へ入っても大丈夫かな?

お勉強ができるかな?

など、親子でたくさんの不安やワクワクがあると思います。

入学準備は、ランドセル以外は学校説明会の後から準備をします。ランドセルは早めに用意しておくといいと思います。

小学校へ通うようになってもすんなり小学校生活が送れるように、しっかり準備していきましょう!


でも、一体どのようなものを準備すればいいのかしら?
先輩ママは、実際に買ったり使ったりしてよかったものはあるのかしら?


実際の使用感や買っておいた方がいいものなど、僭越ながら先輩ママである私がご紹介していきたいと思います!


目次

ランドセル

これは絶対に必要ですね!

今はカラフルな色など様々なランドセルがあります。

うちは男の子なのですが、オーソドックスな黒を選びました。

うちの学校や近隣の学校を見ると、男の子は黒が圧倒的に多いですね。

女の子は、水色、パープル、茶色など多種多様ですね。もちろん赤いランドセルの女の子も多く見受けられますよ。

ランドセルカバー

うちはランドセルカバーは使いませんでした。傷も味かななんて思っていたので。

ランドセルカバーを使っていたうちは6年経ってもキレイだったといいます。


ランドセルバッグ

小学生は週末に、給食着、上靴、歯磨きセット、体育着などを持ち帰ります。

それだけではなく、夏休みなどの長期休み前は大量の学用品と作品類を持ち帰ります。

うちは学校から家まで30分くらいかかるので、息子が低学年の頃は、長期休み前の学用品と作品類が重くて一人で持って帰ることができませんでした。

どうしたかと言うと仕方ないので車で迎えにいきました。うちだけかと思ったらほとんどの家庭が迎えに行っていたのでした。

ある日テレビを見ていて、いいものを発見しました。こういうの欲しかった!!

ランドセルに取り付けて学用品を入れて背負えるというものでした。

すぐ欲しい!と思ったのですが、この情報を知った時うちの息子はすでに小5だったので、買うのを断念しました(泣

もっと早く知りたかった商品でした。

筆記用具

筆記用具はたくさん可愛いものがあったりするので、迷う場合もあるかと思います。

筆記用具はあきのこないものがいいと思います。うちの小学校では、キャラクターものを持っている子は少なかったです。

何であきのこないものがいいかというと

  • 好きなキャラクターはすぐに変化するので、せっかく買った筆箱をすぐに変えたいという場合がある
  • 勉強に気が散る

勉強に支障が出ないものを選ぶのがポイントです。


ふでばこ

おすすめはとにかくシンプルです。

下敷き

下敷きは学校によっては入学してから、配られる場合もありますが用意しておいた方がいいと思います。

下敷きって男の子は特に、汚れて真っ黒になったり、場合によってはかけてしまったりします。

うちはやんちゃな方なので何回か買い替えています。


定規

小学校1年生で定規はすぐに必要にはならないかと思いますが、シンプルなもので大丈夫です。

三角定規や分度器などを使う時に指定があるかもしれません。

鉛筆

小学校1年生のうちは、鉛筆は名入れがおすすめです。

小学校1年生の段階で鉛筆の細いところに名前を書ける子はなかなかいないと思います。

ほとんどの場合は親が書くことになります。

鉛筆は消耗品で、結構すぐなくなってしまいます。その為、その都度名前を書くのは親の方も大変です。

うちは名入れを買いましたが、買って大正解だったと思います。

小学生の6年間はえんぴつになります。学校によって指定がある場合がありますが、おすすめはBか2Bの鉛筆です。筆圧が弱い子は2Bの方が良いかもしれません。

先ほども言いましたが、鉛筆は消耗品で結構すぐになくなってしまいますので、ある程度ストックしておくことをおすすめします。

下記の名入れ鉛筆を2種類とも使いましたが、どちらとも大満足でした。


赤青鉛筆

赤青鉛筆も今後必要になってきますので、用意しておくといいと思います。6年間使いますので、多少ストックしておくといいと思います。

  • キャップは遊んでしまったりするので、小学校低学年のうちはいらない場合が多いです。

鉛筆削り

鉛筆削りもいろいろ出ているのですが、私のおすすめは電動の鉛筆削りです。これは本当に買ってよかったなと思っています。今の小学生は習い事や塾、宿題も多い場合もありますので、うちは電動鉛筆削りは大活躍でした。

下記の白を持っています。

消しゴム

消しゴムも消耗品で、うちの場合はすぐに半分割れたりむしったりしたのでw

シンプルなものをストックしておきました。


入学グッズ

学校にもよりますが、下記のものが必要になってきます。

  • 上履き入れ
  • 体育館シューズ入れ
  • 体操着入れ
  • 図書バッグ
  • 給食のナプキン
  • はし入れ
  • 歯ブラシセット入れ

・ハンドメイドで作ってあげたいけどミシンが苦手

・仕事が忙しくて作る時間がない


今は、共働きのご家庭が多くいるかと思います。ハンドメイドで作ってあげたいけどミシンが苦手だったり、作る時間がなかったりして悩んでいるご家庭も多いと思います。

学校によって指定されているサイズもありますし、できれば既製品じゃなくてぬくもりのあるハンドメイドがいいなって思っている方も多いと思います。
大丈夫!今はいい時代ですね。下記のような大変助かる商品があります。

ハンドメイドオーダーできますよ

メルカリやラクマなどのフリマアプリも入学グッズをオーダーしてくれるものもあります!


メルカリ

ラクマ

防犯ブザー

防犯ブザーも学校によって配布される場合もあるのですが、うちは6年間の間に4つ壊していますw

子どもの防犯を強化したい

もっと防犯を強化したいという親御さんには下記のようなサービスもあります。よかったらチェックしてみてください。

oranome(ソラノメ)

GPS端末を使用した子ども見守り用サービスで、 大切な家族の居場所をスマートフォンのアプリで確認することができます。 端末は小さく、ランドセルに着けておくだけでいつでも居場所が分かるそう。

学校などの指定エリアに到着したときには、スマートフォンにメッセージで通知してくれ、 ずっと画面を見ている必要もないとのこと。

Soranome(ソラノメ)5つの特徴

  1. 位置情報が分かる 。子どもの居場所を専用アプリでいつでも確認することができる。
  2. 通知エリア 指定エリアに入ったとき、出たときにプッシュ通知でお知らせする。 ※自宅や学校や塾など最大10か所まで設定可能
  3. SOS通知 緊急時に本体ボタンを3回、もしくは長押しするだけで保護者のスマートフォンにSOS通知を発信する。
  4. 移動記録の確認 過去にさかのぼってお子さまの移動経路を最大30日間確認することができる。
  5. 長時間バッテリー 最大1週間充電しないでご利用いただけます。またバッテリーが少なくなるとスマートフォンへ通知が届く。

いつ学校や習い事先に到着したか、出発したかが知りたいっている親御さんもいますよね。

現在約9割の小中学校で携帯電話の持ち込みが制限されているそそうです。

うちの学校も禁止でしたね。

  • soarnome(ソラノメ)は学校持ち込みに制限がない。
  • キッズ携帯は現在地を確認するたびに料金が発生するが、soranome(ソラノメ)は位置検索に追加料金なし
  • シンプルな設計なので、子どもが悪戯できない。またブラウザが無いのでゲームやネット閲覧の心配がない。

上記のような特典があります。こんなサービスもあるんですね。親御さんの不安が解消されるかもしれませんね。

soarnome(ソラノメ)

名札

ほとんどの小学校が名札を付けることになります。しかし、名札を付けると安全ピンが折れ曲がってしまったり、うまくつけられなかったりします。またお洋服などに穴を開けたくない!という場合もあると思います。

幼稚園・保育園でもう使ったことのあるうちもあるかもしれませんね。

かさ

うちの場合傘も学校で配られましたが、かさ何本も壊しているんですよwさっきから壊してばっかりですけどw

なんでも壊すのでw破天荒ですwちなみに傘は、5本くらい壊していますw

小1の子は身長にもよりますが、55㎝がおすすめです。下記の商品は一部が透明になっていますので、とてもおすすめです。

小学校では置き傘が必要になります。ですので、傘は2本必要です。

お名前スタンプ

これは買っておくと本当にラクで便利!というものを紹介したいと思います!

みなさんも遠いご記憶にあるかと思います!

「算数セット」覚えていますか?

今もあるんですよあれw

細かいパーツがいくつもあるやつですwおわかりでしょうが、細かいパーツに一つ一つ名前を書くんですよ!

これは骨が折れる!

でもね、今みんな忙しいじゃないですか。こんな便利なものがあるんですよ!

給食着

学校にもよりますが、小学校に入学すると給食が始まります。となると、給食着を隔週でお家で洗うっていう試練がありますwしかもアイロンかけるんですよw

土曜日になると、上履きやら給食着などもろもろ持って帰ってくるんですね。アイロン結構めんどくさいんですよね。

立ったままアイロンをかけられるスタイリッシュなハンディアイロンを紹介します。

水筒

夏の期間は水筒は持参するという学校も多いと思います。水筒のことも頭に入れておくといいと思います。

先ほどから何度も繰り返しますが、うちの息子水筒も壊してきたんですよw底を引きずったのか、穴をあけてきましてねw本当にコノヤローって思いましたけどw

  • 底が厚くて強化されている
  • じか飲みができる
  • 氷をいれるので広口なもの

この条件に当てはまるものを見つけました!小学校低学年のうちは1リットルで事足りると思います。ほかのサイズ1.2リットルなどもあります。

学校から配布されたもの

  • 教科書
  • 各教科のノート
  • お便りケース
  • 色鉛筆
  • のり
  • テープ
  • はさみ
  • クレヨン
  • 引き出し
  • かさ

うちの学校は上記のものが配られましたが、学校によって異なりますので、ご参考までにしてくださいね。

入学式に持っていくと便利


入学式に持って行くと便利なものがあります。

油性マジックです。

油性マジックを持っていくと何がいいかっていうと、名前が書けるからです。

例えば、うちの場合は傘が入学生に配布されたんですね。前述しましたが、小学校では置き傘が必要になります。

ですので、もらった傘に名前を油性マジックで書いてその日に置き傘にすることができました

待ち時間に教科書に名前を書くこともできます。

実は私油性マジック持って行かなかったんですね。周りの何人かのママさんが持ってきていて、お借りして書きました。

油性マジックはそんなにかさばらないので、持っておくといいですよ。

勉強・宿題をする場所

小学校に入ると同時に、学習机を買われるご家庭もあるかと思います。うちはリビングでお勉強をする事にしたので、学習机は買いませんでしたが、子どもが勉強する場所やランドセルを置く場所、学用品を置く場所などを予め決めておくとスムーズに学校生活が送れます。

間取りと宿題をする場所の関係などを書いてあります。

小1プロブレム

小1プロブレムという言葉を知っていますか?

小1プロブレムとは、小学校入学したばかりの1年生が学校というものに、まったく適応できないために起こす行動の事

我が子が学校で適応できなさそう。。。と不安な方へおすすめの本があります。

この本は、子育ての悩みを解決してくれたり、お勉強などの声がけの実践方法なども載っています。

まとめ

小学校に入学した時、保育園とは違う小学校の雰囲気に

「うちの子は大丈夫だろうか?本当に小学校生活をやっていけるだろうか。」

「お友達ができるかな?」

「勉強についていけるかな?」

などたくさん不安を抱えたものです。

たくさん不安はあると思いますが、生まれた時と比べてみれば大変成長していると思いませんか?

うちの子どもも言葉の発達相談に小学校2年生まで通っていました。

親御さんはたくさん不安はあると思いますが、それぞれその子なりのペースで成長していくから大丈夫ですよ。

入学準備は親子でたくさんお話をして、ぜひ楽しんで進めて行ってくださいね。


それではまた( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる