洗濯はどこで干す?ベランダは古い?スムーズな家事動線の成功例・失敗例

家事動線
  • URL Copied!

・モノの管理の仕方で間取りって変わるの?

・掃除はしやすい方がいいわね。

・特に洗濯の家事動線が気になるわ。

モノの管理をきちんとすると家事がラクになる♪

こんにちは、北原しゅふです。

家事動線+アルファを細かく考えていきます。詳しくはこちらで解説しています。

うちの間取りは私が間取り設計シュミレーションソフト(せっけい倶楽部)で作ったものが実際に採用されました。ラクで快適な生活を送る為には、どのような生活動線にすればいいのか。注文住宅を建てた私の経験を交えて、解説していきたいと思います。

今日は

  1. 日用品をしまう時の行動
  2. ペットに関するものをしまう時の行動
  3. 洗濯物を干す時の行動
  4. 洗濯物をしまう時の行動
  5. 掃除をする時の行動
  6. 寝具を管理する時の行動
  7. 季節ものを管理する時の行動

についてお話ししたいと思います。

お掃除系の日用品をどこに収納したらいいのか、洗濯干し場はどこに作るべきなのか、掃除しやすい・しづらい間取りはあるのか、などについてお話ししたいと思います。

これを見るとどんな間取りにしたら家事動線がラクになるのか分かりますよ。

目次

日用品(お掃除系)をしまう時の行動

お掃除関係の日用品って何気にいっぱいありますよね。だからって重曹とクエン酸だけではうちは無理ですw ハイターみたいにガッツリ落ちるやつ必須です。

お掃除関係の日用品は7つのカテゴリーに分かれると思います。

  1. 洗濯で使うもの
  2. トイレで使うもの
  3. お風呂の掃除で使うもの
  4. お風呂で使うもの
  5. キッチンで使うもの
  6. 洗面所で使うもの
  7. ほぼ全部屋で使うティッシュペーパー

そして、日用品のストックをどれくらい持ちたいのかでどれくらいの大きさの収納スペースを作ったらいいのかがわかります。

ストックは必要ないという人は収納は少なくていいと思いますが、買い置きのストックが欲しいという人は、

今持っている日用品を2倍にするとどのくらいの収納スペースが必要なのか考えるいいです。

うちは1ヶ所収納ではなく、使用する場所に収納されています。

キッチン関係の日用品のストックはキッチンのシンク下にありますし、お風呂と、洗濯機、洗面所は場所が近いので、それらのストックは収納を1ヶ所にまとめています。

2階にもトイレがある場合は、2階にもトイレットペーパーは必要になります。

うちの場合、1階と2階両方にトイレがありますが、トイレットペーパーをちょこちょこ補充するのがめんどくさいなと思って、壁面に大容量のトイレットペーパーがしまえる収納棚を、1階と2階それぞれ2つ持ち込みで用意して埋め込んでもらいました。よっ面倒くさがりっ!

持ち込んだ収納棚は、実は「文庫本」を入れる棚だったんですけど、棚の高さが変えられるので

トイレットペーパー、トイレ用品、生理用品入れにピッタリでした。奥行きもちょうどいいんです。

お風呂で使う日用品なら、お風呂の近くにがあった方が取り出す時ラクです。

ストックは、使う場所の近くに置くように、予め決めておくと散らかりません。


新居に引っ越したらすぐに生活が始まりますので、スムーズに新居生活ができるようにしたいですよね。

ペットに関するものをしまう時の行動

うちはねこを2匹買っています。ねこはトイレが必要になります。

トイレが必要ということはそれに伴って猫砂も必要になります。うちはトイレに流すタイプのねこ砂を使っています。

ヒノキのやつとかにしてあげたいけど、お高いのでカインズのねこ砂です。カインズ様々です。

人間のトイレのすぐ横に棚を設置しました。


一番下がトイレで、その上にねこ砂、爪研ぎ、ペットシーツ、ねこのシャンプーなどのストックを置くようにしています。その上は日用品の収納にしています。

ねこのトイレの横にはコンセントを付けました。小型の脱臭機を設置するためです。

現在ねこがいる場合、これからねこを飼う計画がある場合はトイレ計画をお忘れなく。



わんちゃんの場合だとお散歩用のリードも必要になりますよね。

リードやお散歩に行く一式のグッズの場所も予め決めておくといいと思います。



ご飯を収納する場所も予め決めておきましょう。

飼っているペットによって必要なものは異なりますので、

どのくらいの収納スペースが必要なのか把握して間取りに反映しましょう。

洗濯物を干す時の行動

どこで洗濯を干すか考えて間取りに組み込みこみましょう!



毎日に事なので、すごく重要です。

1階に洗濯機があって2階に洗濯干しがある…よくありがちですがコレ大変です。

行動を想像するとよくわかります。

洗濯機からカゴに洗濯物を移し替えます。それから毎回重い洗濯物を持って階段を上がり2階に干して、また空の洗濯カゴを持って階段を使って1階に下り、洗濯カゴを戻さなければなりません。

2階がオープンバルコニーで、そこに洗濯を干す場合は、洗濯竿をいちいち拭かなければなりません。2階に水道がなければ1階で雑巾を用意してわざわざ2階に行き拭かないと行けません。どんだけのステップ踏まないと洗濯干しできないのよって。これは本当に骨が折れると思います。

これ、もっと簡単にできますよ!

ベランダに干すって普通じゃないの?

ベランダに干すのやめてもいいんですよ

うちの場合、脱衣所兼ランドリールームになっています。どんだけラクかって。

洗濯機からその場でそのまま干せば洗濯干し終了!です!

1工程で終了!

1工程って響き素晴らしくないですか。

敷きパッドなどの大きい寝具はというと、ドラム式で乾燥機が付いているため乾燥機を使っています

もし干す時は、ピンチに蛇腹状に干せばOK!

脱衣所+洗濯置き場を広くとって(うちは3人家族で3.31㎡。間取りや形状にもよりますが、3人で丁度いいので4人以上はもっと絶対必要。)洗濯物は洗濯機から出して、

その場で干せるのが理想と思います。



その際、除湿機やサーキュレーターなどを設置すると思いますので、コンセントの場所を必ず確保しましょう。

除湿機やサーキュレーターの収納もお忘れないようにしてくださいね。

洗濯物をしまう時の行動

洗濯物をどこに、どうやってしまいますか?

それって間取りに関係あるの?

先程、洗濯物は洗濯機から出したらすぐに干すのが理想的と言いましたが、さらに乾いた洗濯物をどこに収納するかで家事がラクになるのか大変になるのか分かれます。

2階のそれぞれのクローゼットに収納する場合は、1階で干した場合、しまうのが大変ですね。

そこで私のおすすめは、

1階にファミリークローゼットを設置することです。


うちの場合は、洗濯干しからファミリークローゼットに一直線で行けます。


私は洗濯物はほとんど畳みません。

干す→干したハンガーのままファミリークローゼットに収納。以上です。


トップスだけではなく、パンツも畳まずパンツを半分に折ってハンガーに掛ける収納です。

子供のパンツ(ズボン)は、普通のハンガーに干す→干したハンガーのまま収納です。

部屋着の収納はこちらで詳しく解説しています。

但しファミリークローゼットは広さや機能がとても重要になりますので、小さいファミリークローゼットは使い勝手が悪いです。

ファミリークローゼットの詳しい概要は後日記事にします。

掃除をする時の行動

掃除がしやすい間取りとしにくい間取りってあります。

それ掃除どうやってするの?って間取りもありますよね。



お手伝いさんが来てくれたり業者さんが来てくれる家は別ですが、そんな家は少ないと思います。

掃除の事を考えて間取りを作るのはとても大切だと思います。


掃除は毎日のことですからここを起点に考えることは重要です。

住まいの絶対条件は「安全で清潔である事」です。



できれば踏み台を使わずに、「クイックルワイパー」などの伸縮でできるタイプを使った時に、伸ばした範囲で掃除できるのが理想だと思います。



これは掃除しづらい、もしくはできないであろう間取りや設備をお話したいと思います。

大きすぎる窓が大量

採光を考えて南向きに1階から2階まで全面ガラスの窓にしている間取りありますよね。
採光は最高かもしれませんが、(あ、たまたまオヤジギャグ的になったのでスルーしてくださいw)


掃除をする上で大変だと思います。

外の鳥の糞や汚れはケルヒャーとかで掃除出来るかもしれませんが、家の中はそういうわけにはいきません。自動で窓を掃除するものもありますが広範囲は無理だと思いますし、途中で電源が切れたらどうするのかなと思います。高い大きな窓は要注意です。

吹き抜け

吹き抜けで天井にファンとか付いているものってありますよね。あれもどうやって掃除するのかなと思います。

掃除しないとホコリをファンで撒き散らしているのと同じだと思います。

大きな窓ではなくても吹き抜けの高いところにある窓ってありますよね。あれもどうやって掃除するのかなと思います。

住宅展示場に行った時に、そのような間取りがあったので営業の人に「あの窓ってどうやって掃除するんですか?」って聞いたら「え!?掃除ですか…どーするんですかねぇあははは…。」って濁されましたw

むき出しの梁

梁をあえてむき出しにしている家ってありますよね。古民家カフェとかでよくありますよね。カッコイイしいい雰囲気になるとは思います。

ただ高い場所にある梁の所って、ホコリ溜まりますよね。


1週間に1度ぐらいは掃除しないとホコリは確実に溜まります。もし、その下にダイニングテーブルがあったら…。大変な事ですね…。

ロフト

ロフトって、子どもは秘密基地みたいで嬉しかったり、部屋のスペースがとれないと採用する場合もあるかもしれません。

ロフトは子ども部屋に多いですよね。

  • ロフトって昇り降り大変
  • 昇り降りが大変なだけではなく、寝具の交換とかとてつもなく大変
  • ものを下ろすのも上げるのも大変だから、一回ロフトに収納すると死蔵品になる確率が高い
  • 子どもが部屋を使わなくなったら物置になるパターンが多い



子どもが独立してロフトを使わずロフトを空にしたとしても、ホコリだけ溜まってそれが宙に舞います。

掃除機

充電タイプの電源ケーブルがないタイプの掃除機がおすすめです。

コンセントに差し込むタイプの掃除機がいいという場合は、掃除機をかける時に必要になるコンセントをどこに設置するのかきちんと確認することが必要になってきます。

いちいち毎回かがむのは大変なので、腰の高さの設置がおすすめです。

忘れがちなのが階段のコンセント


階段を掃除したいのにコンセントがない!とならないようにしましょう。

寝具を管理する時の行動

お洋服はファミリークローゼットがおおすすめと言いましたが

寝具のストックは使う部屋にそれぞれ置くと便利です。

使わない寝具類もそうです。ちょっと肌寒い時などもそれぞれの部屋にあれば、それぞれの部屋の人が管理することができます。

季節ものを管理する時の行動

季節の飾り物、クリスマスツリー、お雛様、兜子など子どもがいると持っているうちも多いと思います。

また、扇風機やオイルヒーターなどがある場合もありますね。

どこにしまうか間取りに組み込んで考えておくといいんですが、これはちょっと検討した方がいいかもって間取りがあります。

小屋裏収納というマジック

「小屋裏収納にすればなんでも入るし、家が散らからないし、家の使ってない部分を上手く利用できた。」という人もいるかと思います。

小屋裏収納は天井が1.4m以下と決められています。ほとんどの大人は中腰で歩くことになります。小屋裏収納へ行くのも細い狭い階段だったり、ハシゴだったりします。


階段ならまだしも、ハシゴになると、例えばお雛様とかを持って昇り降りするのは大変です。

小屋裏収納があると、大容量に収納できるので一瞬は「便利じゃん」と感じると思いますが、

  • 滅多に使わないスーツケースやスノーボード
  • 弾かなくなった電子ピアノ
  • 赤ちゃんの頃使っていて使わなくなったもの
  • 子どもの使わなくなった教科書や作品、おもちゃなど



とりあえず捨てられなかったら、小屋裏収納へとなりがちです。

小屋裏収納へ入れると取り出すのが大変なので、死蔵品になりやすいです。

収納スペースがなければ処分したり捨てるしかないのでその場はめんどくさいと思っても後々のことを考えると部屋が綺麗になります。

その点で小屋裏収納はおすすめできません。

まとめ

日用品やペット用品は取り出しやすい場所に設置するとラク。

掃除しやすいかしづらいか考えてから間取りを決めましょう。

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

家事動線

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらフォローお願いします
  • URL Copied!
目次
閉じる