ジャニーズの結婚について…ロス喪失感と祝福の狭間で10年目のジャニヲタが思う事

URLをコピーする
URLをコピーしました!
北原しゅふ2

北山宏光⊂*`∀´⊃を愛してやまない
北原しゅふです。


櫻井翔くん相葉雅紀くん結婚…一瞬2人が結婚したのかと思ったら、ダブルで結婚!?ニュースを見た時、おめでたいと思うと同時に、推しではないものの何だか胸がモヤモヤザワザワ。その理由は私も10年目の北山宏光担だからである。

これが、自分の担当だったらと考えたら一瞬胃のあたりがキュッとした。

頭では分かっている。推しはもういい年齢でいつでも結婚するであろう事を。櫻井担、相葉担に想いを馳せると他人事ではないのである。これは、いつか来るであろう北山宏光ロスに備えるための記事である。

この本書の中にこんな文章がある。

悲痛な体験をするということは、自分にとって心から大切と思える「何か」がそこに存在したことを意味している。略~そのような大切な「何か」を持ち得たことは揺るぎない事実であり、そのことは人生の大きな財産であるといえる。

喪失学「ロス後」をどう生きるか?坂口幸弘より
  • 動揺
  • 悲しみ
  • ザワザワモヤモヤ
  • 虚無感
  • 何も考えられない

今までなんだったんだろう…。想像しただけでも胸が痛い。落ち込むのは当然である。今まで応援してきたことを否定したい気持ちも分かる。

ただこれだけは言いたい。

過去を否定しないでほしい。自担と過ごした素敵な過去たちを否定しないでほしい。

自担と接していた時はあなたは確実にキラキラと輝いていたに違いない。自担と出会えなかったら感じなかったであろう感情や心が震えるような感動、コンサートや握手会、舞台など、落ちこんだ時に電車の中で家で街で聴いた、元気をもらった自担の曲、自担を通してでしかできなかった経験をすることができたのである。

自担に恋したことは、あなたの人生において何事にも変えられない財産である。

自担がいなかったら今のあなたはいないと言っても過言ではない。

今までも熱愛などで胸がザワザワモヤモヤしたに違いない。それは北山担もそうだ。

しかし思う、究極の思考

北山くんが幸せなら私も幸せ

やっぱり好きな人には幸せになってほしいと願う。きっと胸が苦しくなる時が来るだろう。それでも北山くん、みっくんからもらった幸せは計りしてれない。

みっくんの活躍を見て、胸がドキドキしたりワクワクしたり、日常が彩に満ちた。節度を持ってハマれることがあるって幸せだと思う。何にものめり込めない人も世の中にはいるのだから。

きっとその時がきたら、複雑な感情を抱きながら、泣くに違いない。落ち込むに違いない。

でも、きっと最後には思うはず

みっくん、いつも幸せをありがとう。未来はわからないけど応援しつづけられるまでし続けます!キタミツ担である事に誇りを持っています!

今回ダブル結婚という、かなり異例のことがあり、自分のことのようにザワザワモヤモヤした私が、何らかの答えが欲しくて選んだ本が2冊。

叫びたくなったので、

叫びます。

キスマイーーーみっくんーーー大好きだーーー!!!

以上10年目のジャニヲタの叫びでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる